東日本ユニオン(JR東日本労働組合)

最新ニュース

2020年4月1日

新入社員のみなさん!入社おめでとうございます!

私たちJR東日本労働組合(略称:東日本ユニオン)は、JR東日本で働く社員の労働条件の向上と改善をめざして、組合員とともに明るく楽しく、時に一緒に悩みながらも真剣に活動している労働組合です。

また、組合員と家族の福利厚生制度があるほか、JR東日本会社の全12支社に対応する「地方本部」があり、会社の発展に責任をもつ労働組合として活動しています。

加入する労働組合を選ぶのは自由です!みなさんの加入をお待ちしております!

ご相談やお問い合わせは03-3453-2017にお掛けいただくか、ホームページ下にある「メール」にて受付けております。

2020年3月31日

東日本ユニオンはJR東日本会社と「議事録確認」をしました!

「新たなジョブローテーション」の実施において「検討中」となっていた内容について、団体交渉を通じて賃金に関する内容を明確にして、東日本ユニオンとJR東日本会社と議事録確認をしました。確認した内容は、東日本ユニオン組合員のみならず、関係するすべての社員に適用されます。

※議事録確認の内容は「東日本ユニオンNEWS№196」をご参照下さい。

2020年3月31日

これからも「退職まで安心して働くことのできる会社づくり」をめざします!

東日本ユニオンは3月31日に「変革2027を踏まえた新たなジョブローテーションの実施について」「賃金制度等の改正について」「賃金制度等の改正について(追加)」「乗務係等への発令行為に関する緊急申し入れ」に関する議事録確認」「ライフサイクルの深度化に関する覚書」「働き方改革による働きがいの向上のための制度の見直し」に対して妥結しました。

上記の提案を受けて以降、私たち東日本ユニオンは会社の発展に責任をもつ労働組合として真正面から施策と向き合い「安全・安定輸送の確保」「働きがい」「安心した生活」の実現にむけて取り組みを進めてきました。

特に「新たなジョブローテーション」に関する提案に対しては、この間、積み重ねてきた団体交渉を通じて「会社の発展のために」とした施策の目的に対する認識は労使で一致したものの「新たなスペシャリスト」と「新たなジョブローテーション」の選択制をはじめとした多くの要求を実現できなかった現実もあります。中央執行委員会は残された課題についても引き続き労使で議論することを確認したことなどから、3月31日に会社提案に対して妥結し、同日「中央執行委員会見解」を発しました。

2020年3月31日

労働組合として「社員の賃金」に関する提案を曖昧なままにはできない!

「新たなジョブローテーションの実施」に伴う「賃金制度等の改正」において「キャリア加算(2区分)に該当する乗務係等の発令時期」が曖昧なまま、4月1日に施策を実施することは労働組合として納得できません。

社員にとって提案されている「キャリア加算」は「基本給加算」であり、生涯賃金にも影響する重要な提案であるにも関わらず、経営側が3月25日の段階でもいまだ「検討中」としていたことから、東日本ユニオンは3月30日に緊急申し入れを提出し、即日団体交渉を開催しました。

団体交渉を通じて発令時期を確定させました。この確認により、車掌、運転士としての「キャリア加算」が見習い期間から基本給に加算され、また特殊勤務手当等の支給についても同様に見習い期間から受けることができます。

2020年3月31日

新型コロナウイルスに関する団体交渉を開催!

東日本ユニオンは、社員と家族が安心して働くことのできる環境を実現するために「新型コロナウイルス」に関する申し入れ(申第22号、申第23号、申第26号)の団体交渉を3月30日に開催しました。

団体交渉では、社員もしくは家族が感染や濃厚接触者と指定された場合の勤務などの取扱いをはじめ、4月1日に実施するとしていた「新たなジョブローテーション」と4月16日実施予定の電気部門における「新幹線体制の変更」について「いま、多くの社員を一度に人事異動させるべきではない」として延期を求めるなど、多岐にわたり議論を展開しました。

なお、妊娠中や病気加療中の社員で「テレワーク」を希望する社員は「現業、非現業を問わず勤務形態にもよるが、申請した社員に対して箇所長が承認すれば可能」と回答しています。

引き続き、仕事への不安や対応への疑問などのご意見を東日本ユニオンにお寄せ下さい。

2020年3月27日

「新型コロナウイルスに対する第五次ガイドライン」を発出!

東日本ユニオンは3月27日、新型コロナウイルスに対する「第五次ガイドライン」を発出しました。

大勢の組合員が集まる場の設定自粛をはじめ、連絡体制のより一層の強化と個人情報の厳重な管理、組合員と家族が不安を感じたときは東日本ユニオン役員はもとより、職場や当社の「社員家族相談窓口」、各自治体などへの相談、日常から「うがい」や「手洗い」の励行による感染防止に努めていくことなどを発しています。

日々刻々と情勢が変わる中、正しく警戒していきます。私たちの取り組みが一部制限されてしまいますが、これまで培ってきた組織力と英知を発揮して、困難を乗り越えていきましょう!

2020年3月20日

会社提案「働き方改革による働きがいの向上のための制度の見直し」について団体交渉で内容をさらに明らかにする!

東日本ユニオンは3月18日に申第19号「『働き方改革による働きがいの向上のための制度の見直し』に関する申し入れ」の団体交渉を開催しました。計12項目にわたり提案に対する経営側の考え方を引き出してきました。

制度の見直しや新設に伴い「仕事と育児・介護の両立」が前進した点があるものの、制度を利用する社員からの視点ではまだまだ課題が残る点もあります。

東日本ユニオンは引き続き、現場で働く組合員と社員の声を聞き、より実効性のある充実した制度にむけて取り組みを進めていきます!

2020年2月10日

東日本ユニオンに加入しよう!

私たち東日本ユニオンは、組合員のための取り組みを進めています。労働組合として職場の諸問題解決をはじめ、会社諸施策に対して現場第一線で働く者の声をもとにした要求や提言を申し入れて、団体交渉で経営側と議論するなど「会社の発展に責任をもつ」労働組合としての取り組みを進めています!

さらに、24控除で労働金庫などの金融機関への返済ができるほか、組合員と家族のための各種共済保険や福祉制度もあります!

私たち東日本ユニオンに加入して一緒に取り組もう!

最新更新日:2020年4月3日


機関紙最新情報