夏季手当シリーズ⑥ 経営状況を見極めた理性的な夏季手当要求である

私たち東日本ユニオンは、経営状況をしっかりと見極め、理性的な要求として夏季手当「2.8ヶ月」を求めています。
要求根拠の一つとして、経営体力を示す積極的な設備投資を「見える化」しました。

東日本ユニオンNEWS318号

2021年05月21日