今こそ、生活給になるボーナスは「安定支給」を!

 東日本ユニオンは5月29日の夏季手当「第1回団体交渉」で要求の趣旨説明を行い「一律3.05ヶ月要求の考え方」を経営側に示しました。
期末手当の考え方は変えないものの、今夏季手当は「これまでの延長線上での主張にはならない」として、新型コロナウイルスによる状況下においては「安定支給」を求めています。

東日本ユニオンNEWS215号

2020年06月01日